2008年06月12日

ほくろとは?


幼少期の頃から、ずっとほくろが気になっていて、それがコンプレックスとなっている人はたくさんいると思います。
大人になって、悩みに悩んだ結果、ついにほくろ取りを決心した人もいることでしょう。
しかしその前に、ほくろについて少勉強しておくことをおすすめします。

ほくろのメカニズムについて知り、上手にほくろ取りをするようにしましょう。
そして今後、二度とほくろにお目にかからないようにしましょう。

体をよく見ると顔、手、足、お腹、背中など体のどこかに必ずほくろを見つけることができます。
この肌にできている黒ずんだほくろが、一体何であるのか正体を知っていますか?

ほくろは漢字で「黒子」と書き、医学用語では「色素性母斑」と呼ばれています。

皮膚には、メラニンという色素を持つ細胞があり、これを
「メラノサイト」と呼びます。

紫外線などでメラノサイトは活性化され、それらが寄り集まってできたものがほくろです。
集まった場所が皮膚に近いと黒く表皮が盛り上がって見えます。
集まった場所が皮膚の奥の方であれば、ほくろは青みがかかって見えます。
これは「青色母斑」と呼ばれています。

ほくろは黒アザの一番小さいものであり、良性の皮膚病とされています。
大きさは、ごく小さいものもあれば、どこから見てもすぐにわかるくらい大きなものもあります。
色も肌色に近い薄いものもあれば、薄茶色、黒褐色、青色などさまざまです。

ほくろは幼少期の頃にできたものもあれば、もっと成長してから
新たにできたものもあります。
これは、もともと幼少期から皮膚にあった色がなくて目立たないメラノサイトが、歳をとって日焼けなどの刺激や紫外線などでメラニンがどんどん作られていき、その結果、見えるようになったものなのです。

ほくろはできる場所も様々で、自分で見える所にあれば、見えない所にあるものもあります。
友人や恋人に言われて気がついた人もいることでしょう。

しかしほとんどの人が、ほくろがあることを気にしていると思います。
ほくろ取りは、今では簡単に誰でもトライできます。
しかし取るか取らないかは、ほくろのことをよく知った上で、そのほくろが自分にとって良いものなのか、悪いものなのかをよく判断して決めるようにしましょうね。

そしてたとえ取ったとしても、今後ほくろのない生活をずっと続けていくためにも、きちんと予防対策をして過ごすようにしましょう。

このサイトではほくろ取りの手術方法などが多く掲載されています。
ほくろ取りにトライしてみようと思っている方は
是非参考にしてください☆


posted by hokuro at 11:11| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日焼け止めでしっかりほくろを予防


ほくろができる原因は様々ですが、紫外線によって引き起こされるものが大半を占めています。
これ以上、増やさないためには紫外線を浴びないことです。
これだけでずいぶん予防できます。
夏は半袖やキャミソール、水着など肌の露出の多い衣服を着ることが多いです。
しかし夏は紫外線の量が最大になります。
この紫外線を浴びないように日焼け止めをすれば、ほくろ予防ができます。

念願のほくろ取りをした後も油断せずに、夏は日焼け止めをしっかり塗って過ごすようにしましょう。

日焼け止めにはよく「SPF」や「PA]という文字が見られます。

「SPF」は「SUN PROTECTION FACTOR」の省略です。
これはどのくらい日光から守ることができるのかを示します。
例えばSPF30と表記されているのものは、日焼け止めを塗っていない場合の30倍は守ることができるという意味です。
そしてこの30倍とは、何の倍なのかというと時間のことです。

つまり日焼け止めなしで日焼けするのに10分かかるとしたら、この30倍の日焼け止めを塗れば10分×30倍で30分は日に焼けないですみます。
しかし逆に30分たつと効果がなくなってしまうことにもなります。

「PA]「はPROTECTION GRADE of UV-A」の省略です。
これは、紫外線をどのくらいカットできるかを示しています。
ほとんどが「+」サインで記されていますが、「+」が多いほど紫外線のカットの等級が高くなります。

日焼け止めは大人用、子供用、敏感肌用などさまざまなタイプが
販売されています。
ほくろ取りをした後もケアは念入りにし、今後ほくろをしっかりと予防するために、自分にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう。
posted by hokuro at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほくろ取りの種類と方法


「どうしてこんな所にほくろがあるのだろう?」と長いこと悩んでいる人はたくさんいることでしょう。
しかし最近はほくろ取りをし、そんな悩みをすっかり解消してハッピーな第二の人生を送っている人がたくさん増えてきているようです。


また、日に当たるたびに、ほくろが増えていっているような感じがする人もたくさんいると思います。
ほくろは一度できてしまうと、消えるものではありません。
ほくろができる場所も色も大きさなども、私達素人にはどうすることもできません。

そこで長い間、コンプレックスになるくらいほくろに悩まされている人の為に、ほくろ取りの方法と種類をいくつか紹介したいと思います。

まず、どこでほくろ取りをするかですが、美容外科や皮膚科などでほくろ取りをすることはできます。

ほくろ取りの方法は、ほくろの大きさや位置によって、色々と変わってきますが、短時間で簡単にできる炭酸ガスレーザー、Qスイッチヤグレーザーによる除去、電気メスでの除去、切りとって縫う切除縫合法、
皮膚をくりぬくくりぬき法、ほくろを凍らせることによって除去する
凍結療法があります。
そしてまた、最近はもぐさやクリームなどを使ってのほくろ取りも人気があるようです。

ほくろ取りの方法と種類はいろいろありますが、自分自身あるいは友達など素人の手によってのほくろ取りをするのだけはやめましょう。
自分自身でほくろ取りを行うと、殺菌などが傷口から入って化膿したり、炎症を起こしたりするので、この方法だけは絶対に避けてほしいです。

ほくろ取りは、短時間で簡単にでき、手軽な料金でできますので、後悔することにならないように、信頼できる病院やクリニックにてほくろ取りを行ってもらうようにしましょう
posted by hokuro at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炭酸ガスレーザーでほくろ取り


ほくろ取りの方法はいろいろありますが、その中でも一番早くて簡単なのは、炭酸ガスレーザーです。
この方法は、別名でレーザーメスとも呼ばれています。
ほくろ取りを望んでいる人にとっては、一番興味深い除去方法なのではないでしょうか?
詳しく知りたい方は、きっとたくさんいるでしょうから、炭酸ガスレーザーでのほくろ取りについて、少し紹介したいと思います。

炭酸ガスレーザーは、大きさ5mm以下の盛り上がりの少ないほくろに適した除去方法です。

レーザー光線でほくろの色素細胞であるメラノサイトを破壊させて、ほくろを取るといった形で行われます。

所要時間は5分〜10分程です。


ほくろを取る前には、ほくろのある部分に麻酔がかけられます。
その後、一気に炭酸ガスレーザーで照射しますので、術中の痛みはほとんどありません。

出血はごく少なく、術後の腫れや痛みもほとんどありません。

皮膚の外側に近い位置にほくろがある場合は、一度のレーザー治療でほくろ取りが可能です。
しかし奥の方にある場合は、メラノサイトが完全に破壊されることができずに残ってしまい、2、3度治療を繰り返さなければいけないという場合もでてきます。

術後は、ほくろを取った部分に、小さなテープや絆創膏を貼るだけで、お化粧も翌日から可能です。

以上のように、炭酸ガスレーザーは、簡単で確実なほくろ取りの方法のようではありますが、ほくろと思っていたのがメラノーマだった場合、あるいはまだ発症していなくてもメラノサイトが悪性細胞の場合は、
レーザー治療で刺激を受けることによって癌細胞が進行したり、
移転したりしてしまうという危険がでてきます。

なので、必ず医師や専門医ときちんと相談してから、炭酸ガスレーザーでのほくろ取りを行うようにしてください。
posted by hokuro at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Qスイッチヤグレーザー


レーザーでのほくろ取りにQスイッチヤグレーザーがあります。
これは、表面が平らなほくろにだけ可能なレーザー治療法です。

なので、ペタンとしたほくろを除去したいという人には、このQスイッチヤグレーザーでのほくろ取りをおすすめします。

このQスイッチヤグレーザーは、ほくろ取りよりもシミ、刺青やタトゥー、アートメイクなどを消す為によく使われている方法です。

Qスイッチヤグレーザーは炭酸ガスレーザーと違って、メラノサイトを破壊するのではなく、メラニン色素だけが反応するので、
シミやそばかすのような平らなほくろの除去にはとても効果的です。

またこのQスイッチヤグレーザーは、鼻や小鼻まわりの毛穴を引き締めることにも効果的なので、美容整形外科でも使用され、毛穴縮小プランなどで大いに役立っているようです。


しかしシミ、ほくろ、刺青などの状態によっては、Qスイッチヤグレーザーによる治療が一度では終わらない場合もあります。
その場合はQスイッチヤグレーザーによる手術を数回繰り返します。

更にこの他に、炭酸ガスレーザーでほくろ取りをした後に除去したほくろの周りや残った色素をキレイにする為に、Qスイッチヤグレーザーによる施術を行ったりすることもあるそうです。

Qスイッチヤグレーザーは、除去できるほくろに限界がありますが、以下のような良い点もたくさんあります。

Qスイッチヤグレーザーの所要時間はとても短く、すぐに終わります。

麻酔も必要なく、痛みもほとんどありません。

施術後は、ほくろ取りをした部分に絆創膏やテープを貼るだけで、すぐに化粧をして帰ることもできます。

レーザー照射後は、ほくろ取りをした部分が一時的に黒く見えることがあります。
しかし数週間もすればかさぶたになって、剥がれ落ちます。
そして新しい皮膚に生まれ変わってきます。


アフターケアとしては、新しい皮膚が強くなるまで、軟膏などを塗ったり、紫外線を防止したりする必要があります。
面倒ではありますが、最近では”アンチエイジング”として、
シミやそばかす取り、毛穴縮小で利用する女性が増えてきているそうです。

posted by hokuro at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切除縫合法でのほくろ取り


ほくろ取りには、レーザー照射以外に切除縫合法という方法もあります。
新しいことにすぐに飛びつく若い人と違って、年配の人になると、
レーザーはあまり気が進まないという人も結構多いようです。
なので、スタンダードな切除縫合法でのほくろ取りについて少し紹介したいと思います。

切除縫合法はとても簡単な手術で腕の良い医師が行えば、レーザー法でのほくろ取りよりもきれいで目立たなく仕上がります。

ほくろの大きさが直径6mmを超える場合は、この切除縫合法でほくろ取りを行います。

切除縫合法を行う時の麻酔は、少し怖いかもしれませんが、局所麻酔です。

切除縫合法は、ほくろとほくろの周りをメスで切除し、ナイロンなどの細い糸で真皮、表皮の縫合を丁寧に行い、数日後に抜糸するという形で進められます。

抜糸後は、傷の拡大を防ぐ為に手術用のテープを貼ります。

術後は痛みが数日続くようです。

抜糸は通常、約1週間後程で行いますが、ほくろ取りをした部分によっては日数が異なります。
顔は4、5日後、手足は2週間後くらいになるそうです。

場合によっては、術後の傷跡の消毒の為に、毎日通院する必要があるそうです。

切除縫合法でのほくろ取りは、傷跡が残ります。
しかし顔や手足のシワの方向とほくろを取った部分を縫合する線とが、一致するように縫合すれば、傷跡は目立たなくなります。
パッと見たくらいでは、少しもわかりません。

しかし切除縫合法には、欠点が1つあります。
それは抜糸をするまでは、傷口を水でぬらしてはいけないということです。


傷跡はきれいになるけれども、水で洗うことができないということに抵抗を感じる人は、あまりおすすめできない手術です。
長所、短所をよく考えて、一番自分にあったほくろ取りを行うようにしましょう。
posted by hokuro at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くり抜き法でのほくろ取り


ほくろ取りは、レーザー照射、切除縫合法以外にくり抜き法という
方法もあります。
レーザーはあまり気が進まないという人は、スタンダードな切除縫合法だけでなく、くり抜き法もおすすめします。

レーザーは最近、若い人の間でとても流行っているので、どんなものか多少は知っているという人が多いようですが、くり抜き法の名前は知っているけれどもどのようにほくろ取りを行うのか知らないという人が多いと思います。
レーザーを使わない方法に興味があるという人の為にくり抜き法でのほくろ取りについて紹介したいと思います。


くり抜き法は、ほくろの大きさが直径6mmを超える場合に行う切除縫合法と違って、ほくろの大きさが直径6mm以内の小さなほくろに利用されます。

くり抜き法の麻酔は、局所麻酔です。

皮膚をくり抜くという言葉を聞くと、とても不安になる人が多いかと思いますが、麻酔をかけますので痛みはなく、所要時間も短いです。

また皮膚をくり抜くだけに、ほくろ取りをした後、肌がへこむのではないかと思われるかもしれませんが、もとのほくろよりも小さく、ニキビ跡のような感じで目立たなくなります。

円筒状の器具を使ってほくろをくり抜くという方法で、くり抜いた後は、切除縫合法のように縫合したりはしません。
軟膏などを塗ってケアするだけです。

おそらく、それで大丈夫なのかと心配になる人が多いかと思いますが、熱で肌を焼くレーザーよりも、熱を全然使わないくり抜き法のほうが実は、傷跡が綺麗になります。
くり抜き法でほくろ取りをすると、赤みやシミ、へこみなどができますが、シミは半年もすれば綺麗に消えますし、へこみも目立たなくなります。

くり抜き法はほくろの下の組織までくり抜くので、再発の可能性は全くありません。
術後も安心して過ごすことができます。


しかしくり抜き法には1つ欠点があります。
それは、縫合をしない為に術後に出血することがあるということです。
出血していなければ、洗顔や洗髪は翌日からすることができます。
またくり抜かれた部分の皮膚が張ってくるまでには、2〜3週間という長い時間が必要になりますので、すぐに回復というわけにはいかないようです。

こういった長所、短所をふまえた上で、よく検討し、なにより
自分に一番あったほくろ取りの方法を選ぶようにしましょう。
posted by hokuro at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気メスでのほくろ取り


大きなほくろや、隆起しているほくろの除去におすすめなのは、
電気メスでのほくろ取りです。

この方法は、電気メス分解法や電気凝固法とも呼ばれています。
同じメスを使う方法でも切除縫合法よりも電気メスでのほくろ取りの方に興味があるという人や、どちらが良いか迷っているという人もいると思いますので、電気メスでのほくろ取りについて少し紹介したいと思います。


電気メスでのほくろ取りの時、麻酔は局所麻酔をします。

まずほくろの大部分をメスで切除し、その後に電気メスで凝固止血をし、残ったほくろの組織を電気メスで少しずつ焼き、
メスでほくろを削りながら除去するという形で行われます。

術後に縫合は行いません。
嬉しいことに入浴、洗髪、洗顔、化粧は当日から可能です。

術後のケアは傷に軟膏などのクリームを塗るだけで、消毒のための通院もする必要はありません。

止血しながら施術するために、術後の出血はほとんどありません。


手術の所要時間は、ほくろの大きさによって違いますが、比較的小さいほくろの場合は5〜10分、大きいほくろや量が多い場合は30分程度かかります。

傷跡はほとんど目立ちません。
まれではありますが、白い斑点のように跡が残る場合もあります。
しかし次第に消えていくので心配はありませんよ(・∀・)

傷跡が完全によくなるまでには、約2週間かかります。


しかし今までに、この電気メスでのほくろ取りだけを利用して、
術後にほくろが再発したケースも何件かあったそうです。
またそのほくろが実は、悪性腫瘍であったというケースも数件見られたようです。
なので、ほくろ取りをする前に、どの病院あるいはどのクリニックで、そしてどの方法でほくろ取りを行うかを慎重に決めるようにしましょう。

しかし一番重要なのは、その取ろうとしているほくろが純粋にほくろであるのかをきちんと診察してもらうことができるかどうかです。
医師を見極めることは、なかなか難しいでしょうが、広告や雑誌の
うたい文句などに惑わされずに、実際の体験談などにもよく耳をかたむけるようにして、本当に信頼のおける医師を探すようにしましょう。
posted by hokuro at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凍結療法でのほくろ取り


ほくろ取りの方法の1つで、凍結療法という治療方法があります。

この凍結療法は、本来は皮膚の表面に突起しているイボやウオノメに対して、あるいは何らかの手術をして縫合した際に、
その縫合した場所の上に小さな組織が飛び出してしまった場合などに使われる治療法です。
このように皮膚の表面の突起しているものに有効なので、隆起しているほくろに対してもしばしば使われているようです。
よって残念ながら、平べったいシミのようなほくろや
イボ状でないほくろに対しては、向いていない治療方法です。

隆起しているほくろがあり、レーザーやメスを使ったほくろ取りの方法には少し抵抗があるという人の為に、この凍結療法について少し説明したいと思います。


この凍結療法は綿棒などにマイナス196度の液体窒素をつけて凍結させる方法です。

もう終わりですか?というくらいすぐに終わってしまいます。

痛みについては、凍結させるのですが、ほくろを焼いているような痛みが少しあります。
これはドライアイスに触れた時の痛みや、凍傷の痛みに似ています。
痛みはとても小さいものです。

ほくろが小さい場合は、凍結させた瞬間に溶けたようになくなってしまうようですが、通常は凍結させて除去した部分はおよそ1週間後くらいにかさぶたができ、いつの間にかポロッととれてなくなってしまうようです。


しかし凍結療法で取ったほくろが、再発したという例もあるようです。
これは、ほくろになる細胞であるメラノサイトが、皮膚の奥の方にあったからです。
メラノサイトが皮膚の表面近くにある場合は、ほとんど再発することはありません。
凍結療法は、皮膚の表面に突起しているイボ状のものを凍結させ、
細胞を破壊させて除去する方法なので、皮膚の奥の方にあるメラノサイトまでは破壊できないのです。


この凍結療法に限らず、どのほくろ取りの方法を行うにしても、一番重要なのは、自分のほくろの状態についてよく知っておくことです。
もしそれが悪性のメラノーマなどであったりしたら、生死にかかわる大変なことになってしまいます。

たとえそれが純粋にほくろであったとしても、ほくろの位置やおおきさによっては自分の望むほくろ取りの方法は適していないかもしれません。
なので、素人判断をせずに信頼のおける医師にきちんと診察をしてもらい、自分の体とほくろとに一番あったほくろ取りの方法を選ぶようにしてくださいね。

posted by hokuro at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天然の薬草もぐさでのほくろ取り


最近、ほくろ取りに天然の薬草であるもぐさが効果的だということで
再び人気を呼んでいるようです。

おそらくこの天然の薬草であるもぐさについて知っている人は
ほんのわずかしかいないことでしょう。
実をいうと、これはみなさんのよく知っている「お灸」のことなのです。


レーザー治療やメスによるほくろ取りのように
体をに傷つけることもなく、くつろぎながら自分ひとりで簡単に、
そして手軽な費用でできる人に優しいほくろ取りの方法です。

お灸でのほくろ取りに使えるもぐさは、どんなものでも良いというわけではありません。
きちんとほくろ取り専用のもぐさがあります。
しかし専用のもぐさでも、取ることのできるほくろと取ることができないほくろがあります。

もぐさによるお灸は、色が濃くて、平たいほくろに効果的であると言われています。

お灸をすえたほくろは、その後1週間ほどで自然に剥がれて落ちてくるそうです。

どのもぐさであれば、ほくろが取れるかは、もぐさの知識を十分に持った人でなければわかりません。
またそういった専門家が作ったお灸を使うとより良い効果が得られるようなので、もぐさでのほくろ取りを試してみようかと思っている人は、まず、もぐさお灸を販売している場所へ行き、専門家から色々と詳しく話しを聞くとよいです。


レーザーやメスでのほくろ取りは、家族からも反対されたり、
自分自身も何かと不安な気持ちを持ったりと、なかなか実行することができないでいる人もいるかと思います。
しかしお灸は、古くから伝わる癒し法、ストレス解消法の1つです。
リラックスして自分ひとりで試すことができますし、肌にも安全ですし、ほくろ取り後の肌の回復も早く、費用もずいぶん安くすむという
利点があります。
しかしこんなに利点の多いもぐさにも、欠点があります。


それは、ほくろの位置によっては自分ひとりでできないということ、
ほくろの種類によっては取れないものもあるということです。
しかし、もちろん取れるほくろもあるのですからレーザーやメスでの
ほくろ取りを行う前に、まずもぐさによるほくろ取りから試してみるのをおすすめします。
もしそれでも納得いかない場合は、他の手段でほくろ取りを考えてみましょう。

posted by hokuro at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。