2008年06月12日

凍結療法でのほくろ取り


ほくろ取りの方法の1つで、凍結療法という治療方法があります。

この凍結療法は、本来は皮膚の表面に突起しているイボやウオノメに対して、あるいは何らかの手術をして縫合した際に、
その縫合した場所の上に小さな組織が飛び出してしまった場合などに使われる治療法です。
このように皮膚の表面の突起しているものに有効なので、隆起しているほくろに対してもしばしば使われているようです。
よって残念ながら、平べったいシミのようなほくろや
イボ状でないほくろに対しては、向いていない治療方法です。

隆起しているほくろがあり、レーザーやメスを使ったほくろ取りの方法には少し抵抗があるという人の為に、この凍結療法について少し説明したいと思います。


この凍結療法は綿棒などにマイナス196度の液体窒素をつけて凍結させる方法です。

もう終わりですか?というくらいすぐに終わってしまいます。

痛みについては、凍結させるのですが、ほくろを焼いているような痛みが少しあります。
これはドライアイスに触れた時の痛みや、凍傷の痛みに似ています。
痛みはとても小さいものです。

ほくろが小さい場合は、凍結させた瞬間に溶けたようになくなってしまうようですが、通常は凍結させて除去した部分はおよそ1週間後くらいにかさぶたができ、いつの間にかポロッととれてなくなってしまうようです。


しかし凍結療法で取ったほくろが、再発したという例もあるようです。
これは、ほくろになる細胞であるメラノサイトが、皮膚の奥の方にあったからです。
メラノサイトが皮膚の表面近くにある場合は、ほとんど再発することはありません。
凍結療法は、皮膚の表面に突起しているイボ状のものを凍結させ、
細胞を破壊させて除去する方法なので、皮膚の奥の方にあるメラノサイトまでは破壊できないのです。


この凍結療法に限らず、どのほくろ取りの方法を行うにしても、一番重要なのは、自分のほくろの状態についてよく知っておくことです。
もしそれが悪性のメラノーマなどであったりしたら、生死にかかわる大変なことになってしまいます。

たとえそれが純粋にほくろであったとしても、ほくろの位置やおおきさによっては自分の望むほくろ取りの方法は適していないかもしれません。
なので、素人判断をせずに信頼のおける医師にきちんと診察をしてもらい、自分の体とほくろとに一番あったほくろ取りの方法を選ぶようにしてくださいね。

posted by hokuro at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。