2008年06月12日

くり抜き法でのほくろ取り


ほくろ取りは、レーザー照射、切除縫合法以外にくり抜き法という
方法もあります。
レーザーはあまり気が進まないという人は、スタンダードな切除縫合法だけでなく、くり抜き法もおすすめします。

レーザーは最近、若い人の間でとても流行っているので、どんなものか多少は知っているという人が多いようですが、くり抜き法の名前は知っているけれどもどのようにほくろ取りを行うのか知らないという人が多いと思います。
レーザーを使わない方法に興味があるという人の為にくり抜き法でのほくろ取りについて紹介したいと思います。


くり抜き法は、ほくろの大きさが直径6mmを超える場合に行う切除縫合法と違って、ほくろの大きさが直径6mm以内の小さなほくろに利用されます。

くり抜き法の麻酔は、局所麻酔です。

皮膚をくり抜くという言葉を聞くと、とても不安になる人が多いかと思いますが、麻酔をかけますので痛みはなく、所要時間も短いです。

また皮膚をくり抜くだけに、ほくろ取りをした後、肌がへこむのではないかと思われるかもしれませんが、もとのほくろよりも小さく、ニキビ跡のような感じで目立たなくなります。

円筒状の器具を使ってほくろをくり抜くという方法で、くり抜いた後は、切除縫合法のように縫合したりはしません。
軟膏などを塗ってケアするだけです。

おそらく、それで大丈夫なのかと心配になる人が多いかと思いますが、熱で肌を焼くレーザーよりも、熱を全然使わないくり抜き法のほうが実は、傷跡が綺麗になります。
くり抜き法でほくろ取りをすると、赤みやシミ、へこみなどができますが、シミは半年もすれば綺麗に消えますし、へこみも目立たなくなります。

くり抜き法はほくろの下の組織までくり抜くので、再発の可能性は全くありません。
術後も安心して過ごすことができます。


しかしくり抜き法には1つ欠点があります。
それは、縫合をしない為に術後に出血することがあるということです。
出血していなければ、洗顔や洗髪は翌日からすることができます。
またくり抜かれた部分の皮膚が張ってくるまでには、2〜3週間という長い時間が必要になりますので、すぐに回復というわけにはいかないようです。

こういった長所、短所をふまえた上で、よく検討し、なにより
自分に一番あったほくろ取りの方法を選ぶようにしましょう。
posted by hokuro at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。