2008年06月12日

切除縫合法でのほくろ取り


ほくろ取りには、レーザー照射以外に切除縫合法という方法もあります。
新しいことにすぐに飛びつく若い人と違って、年配の人になると、
レーザーはあまり気が進まないという人も結構多いようです。
なので、スタンダードな切除縫合法でのほくろ取りについて少し紹介したいと思います。

切除縫合法はとても簡単な手術で腕の良い医師が行えば、レーザー法でのほくろ取りよりもきれいで目立たなく仕上がります。

ほくろの大きさが直径6mmを超える場合は、この切除縫合法でほくろ取りを行います。

切除縫合法を行う時の麻酔は、少し怖いかもしれませんが、局所麻酔です。

切除縫合法は、ほくろとほくろの周りをメスで切除し、ナイロンなどの細い糸で真皮、表皮の縫合を丁寧に行い、数日後に抜糸するという形で進められます。

抜糸後は、傷の拡大を防ぐ為に手術用のテープを貼ります。

術後は痛みが数日続くようです。

抜糸は通常、約1週間後程で行いますが、ほくろ取りをした部分によっては日数が異なります。
顔は4、5日後、手足は2週間後くらいになるそうです。

場合によっては、術後の傷跡の消毒の為に、毎日通院する必要があるそうです。

切除縫合法でのほくろ取りは、傷跡が残ります。
しかし顔や手足のシワの方向とほくろを取った部分を縫合する線とが、一致するように縫合すれば、傷跡は目立たなくなります。
パッと見たくらいでは、少しもわかりません。

しかし切除縫合法には、欠点が1つあります。
それは抜糸をするまでは、傷口を水でぬらしてはいけないということです。


傷跡はきれいになるけれども、水で洗うことができないということに抵抗を感じる人は、あまりおすすめできない手術です。
長所、短所をよく考えて、一番自分にあったほくろ取りを行うようにしましょう。
posted by hokuro at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。