2008年06月12日

Qスイッチヤグレーザー


レーザーでのほくろ取りにQスイッチヤグレーザーがあります。
これは、表面が平らなほくろにだけ可能なレーザー治療法です。

なので、ペタンとしたほくろを除去したいという人には、このQスイッチヤグレーザーでのほくろ取りをおすすめします。

このQスイッチヤグレーザーは、ほくろ取りよりもシミ、刺青やタトゥー、アートメイクなどを消す為によく使われている方法です。

Qスイッチヤグレーザーは炭酸ガスレーザーと違って、メラノサイトを破壊するのではなく、メラニン色素だけが反応するので、
シミやそばかすのような平らなほくろの除去にはとても効果的です。

またこのQスイッチヤグレーザーは、鼻や小鼻まわりの毛穴を引き締めることにも効果的なので、美容整形外科でも使用され、毛穴縮小プランなどで大いに役立っているようです。


しかしシミ、ほくろ、刺青などの状態によっては、Qスイッチヤグレーザーによる治療が一度では終わらない場合もあります。
その場合はQスイッチヤグレーザーによる手術を数回繰り返します。

更にこの他に、炭酸ガスレーザーでほくろ取りをした後に除去したほくろの周りや残った色素をキレイにする為に、Qスイッチヤグレーザーによる施術を行ったりすることもあるそうです。

Qスイッチヤグレーザーは、除去できるほくろに限界がありますが、以下のような良い点もたくさんあります。

Qスイッチヤグレーザーの所要時間はとても短く、すぐに終わります。

麻酔も必要なく、痛みもほとんどありません。

施術後は、ほくろ取りをした部分に絆創膏やテープを貼るだけで、すぐに化粧をして帰ることもできます。

レーザー照射後は、ほくろ取りをした部分が一時的に黒く見えることがあります。
しかし数週間もすればかさぶたになって、剥がれ落ちます。
そして新しい皮膚に生まれ変わってきます。


アフターケアとしては、新しい皮膚が強くなるまで、軟膏などを塗ったり、紫外線を防止したりする必要があります。
面倒ではありますが、最近では”アンチエイジング”として、
シミやそばかす取り、毛穴縮小で利用する女性が増えてきているそうです。

posted by hokuro at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。