2008年06月12日

炭酸ガスレーザーでほくろ取り


ほくろ取りの方法はいろいろありますが、その中でも一番早くて簡単なのは、炭酸ガスレーザーです。
この方法は、別名でレーザーメスとも呼ばれています。
ほくろ取りを望んでいる人にとっては、一番興味深い除去方法なのではないでしょうか?
詳しく知りたい方は、きっとたくさんいるでしょうから、炭酸ガスレーザーでのほくろ取りについて、少し紹介したいと思います。

炭酸ガスレーザーは、大きさ5mm以下の盛り上がりの少ないほくろに適した除去方法です。

レーザー光線でほくろの色素細胞であるメラノサイトを破壊させて、ほくろを取るといった形で行われます。

所要時間は5分〜10分程です。


ほくろを取る前には、ほくろのある部分に麻酔がかけられます。
その後、一気に炭酸ガスレーザーで照射しますので、術中の痛みはほとんどありません。

出血はごく少なく、術後の腫れや痛みもほとんどありません。

皮膚の外側に近い位置にほくろがある場合は、一度のレーザー治療でほくろ取りが可能です。
しかし奥の方にある場合は、メラノサイトが完全に破壊されることができずに残ってしまい、2、3度治療を繰り返さなければいけないという場合もでてきます。

術後は、ほくろを取った部分に、小さなテープや絆創膏を貼るだけで、お化粧も翌日から可能です。

以上のように、炭酸ガスレーザーは、簡単で確実なほくろ取りの方法のようではありますが、ほくろと思っていたのがメラノーマだった場合、あるいはまだ発症していなくてもメラノサイトが悪性細胞の場合は、
レーザー治療で刺激を受けることによって癌細胞が進行したり、
移転したりしてしまうという危険がでてきます。

なので、必ず医師や専門医ときちんと相談してから、炭酸ガスレーザーでのほくろ取りを行うようにしてください。
posted by hokuro at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
癌についての情報を集めていますので、よろしければいらしてください。
Posted by 闘病者 at 2008年06月25日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。