2008年06月12日

日焼け止めでしっかりほくろを予防


ほくろができる原因は様々ですが、紫外線によって引き起こされるものが大半を占めています。
これ以上、増やさないためには紫外線を浴びないことです。
これだけでずいぶん予防できます。
夏は半袖やキャミソール、水着など肌の露出の多い衣服を着ることが多いです。
しかし夏は紫外線の量が最大になります。
この紫外線を浴びないように日焼け止めをすれば、ほくろ予防ができます。

念願のほくろ取りをした後も油断せずに、夏は日焼け止めをしっかり塗って過ごすようにしましょう。

日焼け止めにはよく「SPF」や「PA]という文字が見られます。

「SPF」は「SUN PROTECTION FACTOR」の省略です。
これはどのくらい日光から守ることができるのかを示します。
例えばSPF30と表記されているのものは、日焼け止めを塗っていない場合の30倍は守ることができるという意味です。
そしてこの30倍とは、何の倍なのかというと時間のことです。

つまり日焼け止めなしで日焼けするのに10分かかるとしたら、この30倍の日焼け止めを塗れば10分×30倍で30分は日に焼けないですみます。
しかし逆に30分たつと効果がなくなってしまうことにもなります。

「PA]「はPROTECTION GRADE of UV-A」の省略です。
これは、紫外線をどのくらいカットできるかを示しています。
ほとんどが「+」サインで記されていますが、「+」が多いほど紫外線のカットの等級が高くなります。

日焼け止めは大人用、子供用、敏感肌用などさまざまなタイプが
販売されています。
ほくろ取りをした後もケアは念入りにし、今後ほくろをしっかりと予防するために、自分にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう。
posted by hokuro at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。