2008年06月12日

ほくろ取りは必要最小限にとどめておきましょう


ほくろ取りは今や、美容手術の分野の1つとしてメジャー
になっていますが、ほくろをすべて取れば必ずしもきれいになるとは限りません。


ほくろをすべて取る必要はないのです。
数ケ所あるほくろの中でも顔にマイナスイメージを与えている
ほくろだけを取ればよいのです。
ほくろ1つ取るだけで、顔の印象は全然違ってきます。
もちろん一度に多くのほくろを取ることもできます。
しかし一言で「ほくろ取り」と言っても、
自分自身の大事な体に傷をつけるわけです。
多くのほくろを取ればそれだけ体に傷を多くつけることになります。
特にそれが顔だったら、取ったばかりの時は、見苦しい傷だらけの顔になってしまうことでしょう,,(;ω;)

なので、あまり欲を出さずに、いかに傷を最小限におさえて
きれいになれるか、ということを考えるようにしましょう。


ほくろは、その種類、大きさ、場所によって治療法が異なります。
どのほくろ取りの方法にしても、単なるシミの治療とは違って、
傷跡が残ることになります。
ほくろ取りをした部分が、傷跡になるわけですから、傷跡がきれいにならなければ、ほくろ取りをする意味がありません。
むしろ治療を受けずに、ほくろ取りをする前の状態のままのほうが
かえって、自然できれいであったかもしれないくらいです。
もちろん傷跡は少しずつ目立たなくなってきますが、あまりにもほくろ取りをした部分が多くて、傷跡も多ければ、回復する力もその分、
遅くなりますし、傷跡も目立ちやすいです。

ほくろ取りは単にレーザーを照射したり、メスで切ったりすればよいというわけではありません。
傷跡をいかに少なくし、いかにきれいに取るかが一番重要なポイントなのです。
美容手術は普通の外科手術と違ってそういう点をもっとも重視します。


なので、どの方法でほくろ取りをするかは、顕微鏡を使って診断し、最も少ない傷で、きれいに取れる方法を医師がアドバイスしてくれます。
そのアドバイスをきちんと聞いて、欲を出さずにほくろ取りをする個数も傷跡も最小限ですむような方法を選択するようにしましょう。
特に顔は、女性にとっては命みたいなものです。
なるべくいじらずにに生まれ持ったきれいな状態のままでいられるよう心がけましょうね。

posted by hokuro at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。